※本サイトはプロモーションが含まれています

フィリピンでのネット接続はSIMカード/eSIM/ルーターレンタル?を詳しく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

2018年留学時の情報です。
Kredo Kidsは閉校しました。
現在はネグロス島の親子留学のみ紹介しています。
親子留学の情報を発信していますのでよろしければLINE登録お願いします。

2019年留学時の情報です。
SPEAは閉校しました。
現在はネグロス島の親子留学のみご紹介しています。
親子留学の情報を発信していますのでよろしければLINE登録お願いします。

フィリピンへの旅行や留学で、ネットワークにつなげられるようにしたい方へ。

フィリピンでは、空港、ホテル、ショッピングモール、レストランやカフェの多くで、無料WiFiが提供されています。

また、たいていの語学学校や寮ではWiFi環境が整っているので、短期滞在ならSIMを使わなくても乗り切れます。

でも、公共のWifiはセキュリティも気になりますし、外出で慣れないところに行くときは地図で現在地を確認するなどいつでもネットに繋げられたほうが安心ですよね。

この記事ではフィリピンへの短期滞在でネットにつなぐための方法を解説します。

こんな方に向けて書いてます

  • フィリピンの空港についたらすぐSIMを使えるようにしたい
  • フィリピンの電話番号を使いたい
  • 滞在中のネットワーク費用を安く抑えたい
目次
※SPEAは閉校しました。
現在はSPEAの元スタッフが、体験型の現地受け入れを行っています。
語学学校への留学ではなく、ゲストハウスに滞在してSPEAの先生たちと街に出かけたりなどカスタマイズ可能な体験型レッスンを行います。詳しくはこちらをご覧ください。

ドゥマゲテPAMILYA
元SPEAの講師が在籍するオンライン英会話はこちらになります。
おうち留学PAMILYA
Think English Learning Center

フィリピンでスマホをネットにつなげる方法5つ

フィリピンで安くインターネットにつなぐのであれば、現地SIMがおすすめです。しかし、それ以外の選択肢もあります。フィリピンでネットにつなぐ方法は以下の5つです。

  • 現地SIMカードを利用
  • eSIMを購入
  • ahamo・楽天モバイルの海外ローミング
  • モバイルルーターのレンタル
  • 日本の通信キャリアの海外サービスを利用

一番安いのは現地SIMです。

モモシロ

今までは現地SIMが安くてイチオシでしたが、最近は料金も上がっているようです。日本から設定していけるeSIMも普及してきてこちらも便利です。

それぞれの方法を比較したものが以下になります。

スクロールできます
メリットデメリットおすすめ度
現地SIMカード安い
現地の電話番号が持てる
容量追加できる
カードの抜き差しが必要
プロモを適用するなら設定が面倒
eSIM事前に日本で設定していける
物理的なカード不要
まあまあ安い
現地番号は使えないものが多い
ahamo/楽天モバイル日本のスマホをそのまま使える
日本の電話番号・SMSも使える(別料金)
日数・容量を超えると低速化
ルーターレンタル設定不要で着いたらすぐ使える高い
通信キャリアの海外サービス日本で申し込んでいける
日本の電話番号・SMSも使える(別料金)
高い
事前申し込みが必要

それぞれについて簡単に説明します。

現地SIMカード:フィリピンの空港などで購入

フィリピンで一般的に使われている物理的なSIMを購入し、スマホに挿して設定する方法です。期間や通信料によって料金が変わりますが、他の方法と比べるとかなり安いです。また、現地の電話番号を持つことができるのもメリットです。

空港、ショッピングモールなどで購入でき、カウンターでお願いすれば設定までやってくれます。

モモシロ

日本でもAmazonなどで事前にSIMカードを購入することができますが、フィリピンの現地で購入する場合より高くなります。

一応リンクは載せておきますが、SIMカードを使うならフィリピンで現地SIMを使うのが一番おすすめです。

空港には以下の写真のようなブースがあります(マニラの空港(第3ターミナル)は24時間やっていたとの情報あり)。

マニラ空港のSIMカウンター

左がGlobe、右がSmartのカウンターです。容量を使い切ったら追加購入(ロード)することができます。

詳しい利用方法はこの記事の後半で説明します今すぐ確認する

※2022年末から、SIMカードへの個人情報の登録手続きが必須化されました。短期観光客でも登録が必要となります。

eSIM:ネット事前申し込み

eSIMとは、物理的なSIMカードを挿さないでも使えるバーチャルなSIMカードです。eSIMに対応したスマホ端末であれば、事前にフィリピンのeSIMを申し込んでおいてQRコードを読み込むなどの設定をすれば、すぐにインターネットに接続できるようになります。

基本はデータ通信だけですが、現地の電話番号が使えるものもあります。

eSIMのメリットは、SIMの差し替えが不要という点です。日本で使っているSIMを抜いてフィリピン滞在中になくさないように保管しておくのはちょっと気を使います。eSIMであれば日本のSIMはそのままスマホに挿しっぱなしでOKです。

使っているスマホがeSIMに対応している端末かどうかは確認が必要ですが、最近発売されたスマホはほぼ対応しています。

eSIMはKKdayという旅行予約サイトでも申し込みできます。

こちらのKKdayの公式サイトのトップページに「eSIM フィリピン」と入力して検索してみてください。

ahamo・楽天モバイルの海外ローミング

ahamo、楽天モバイルの2社のスマホは、海外ローミングにするだけで簡単にネットワークに接続することができます。

モモシロ

私は最近の海外旅行はフィリピンだけでなく全部ahamoを使っています。

ahamo

ahamoは海外ローミングを使用して、海外でも月20GBまで無料で使用することができます。ahamoの海外ローミングの使い方はとっても簡単で、フィリピンについたらスマホの「データローミング」を「オン」に設定するだけです。

ahamoは基本料金の2,970円のみで、追加料金がかからずに20GB利用できます。

通信会社の乗り換えを検討していた方は、この機会にahamoにしてしまうのもありですね。

楽天モバイル

楽天モバイルは、フィリピンはもちろん海外66の国で海外ローミングが毎月2GBまで無料です。現地に着いたら海外ローミングの設定をオンにするだけなのでとても楽です。

ただ、2GBだとahamoの20GBと比較してもかなり少ないですよね。2GBを超過した場合は低速通信でつながるのでいきなり使えなくなることはありませんが、引き続き高速通信を利用したい場合は1GB 500円で追加できます

モバイルルーターのレンタル

いちばん簡単なのはモバイルルーターをレンタルする方法です。すでに設定されたものをレンタルできるので、現地についたら電源を入れればWi-Fi接続してすぐに利用できます。モバイルルーターはレンタル期間や容量によって料金が決まりますが、事前にネットで申し込んでおいて空港での受けとるか自宅に配送してもらいます。

モモシロ

正直他の方法と比べると割高です!IT系の設定が苦手な方におすすめです。
短期滞在の場合はこちらのほうが楽ちんです。

海外WiFiルーターで評判の高いグローバルWiFiは、フィリピンだと早割適用で1日670円から利用できますし、高速の容量無制限プランもあります。現地で使用する通信回線はGlobeまたはSmartです(回線の切り替え可能)。

このブログ特典で、次のバナーからグローバルWiFiお申込みされると1000円割引になります。

※合計金額4,000円以上の場合(オプション・手数料等は含まない)

日本の通信キャリアの海外サービス

日本で使っているドコモ、au、ソフトバンクなどの通信キャリアで海外用のサービスを追加料金で利用することもできます。料金制度は会社によって違いますが割高です。詳しくは以下の各社の案内ページを確認してください。

フィリピン現地SIMカードの購入方法と設定・使い方の手順(Globe)

現地SIMカードを導入する方法について説明します。意外と難しくないですよ。

私がおすすめする一番簡単な方法は、大きく分けて次の3ステップです!

  1. SIMフリースマホを用意(SIMロック解除をしておく)
  2. 空港でSIMカードとロードカードを購入し、設定とロードを依頼
  3. プロモ(料金プラン)を適用

2の空港での設定で、頼めば3までやってもらえますが、プロモの期限が切れた後は自分でプロモを再入力する必要があるので、ステップを3つに分けています。

1.SIMフリースマホまたはSIMロック解除したキャリアスマホを用意

使用しているスマホが元々SIMフリーの場合は、そのまま持参すればOKです。

SIMフリースマホはそのままで他社のSIMを利用できるからです。

2.空港でSIMカードとロードカードを購入・設定

飛行機でやっておくこと

今回の方法では、フィリピンの空港に到着したら、ブースのスタッフにスマホを渡して、設定までをやってもらいます。

そのため、操作しやすいよう言語設定を英語に変更しておくのがいいです。

日本で使っているSIMカードは自分で抜いておいてもいいですが、抜いておかなくてもスタッフがやってくれます。

モモシロ

ただし、帰国時は自分で元のSIMカードに交換する必要があるので、SIMキーを持参するといいですよ。

帰りの飛行機で交換できます(クリップでも代用可!)

空港に到着後の手順の流れ

ここでは、空港での手順について説明します。

モモシロ

フィリピンの2大キャリアはGlobeとSMARTです。私はGlobeを使ったのでGlobeについて説明します。

出発後の手順

  • Globeのブースに行く
  • SIMカードとロードカードを購入する
  • 自分のスマホを渡して設定をお願いする
  • 設定・ロードされたスマホと日本のSIMカードを受け取る

SIMカードのブースに行く

入国審査を受けて荷物を受け取り、外に出たところにたいてい「Globe」と「Smart」というフィリピンの主要キャリアのブースがあります。

マニラ空港のSIMカウンター

左がGlobe、右がSmartのカウンターです。

モモシロ
Globeのブースに行く前に、両替をしてフィリピンペソを用意するのもお忘れなく!

SIMカードとロードカードを購入する

SIMカードとロードカードを購入します。

モモシロ
SIMカードとは、現地で電話やインターネットを使うためにスマホに挿すカードです。

ロードカードはいわゆるプリペイドカードで、スマホに購入したロードカードにある残高の一部をロード(チャージ)をすることで通信ができるようになります。

わかりやすく図にしたものがこちらになります。

フィリピンのSIMカードとロードカードの解説

カウンターで「SIM card and xxxx peso’s load card please (SIMカードとxxxペソ分のロードカードをください)」と伝えます。

(ロードカードは50ペソ〜500ペソなどいろいろな価格帯がありますが、あとで説明するプロモと滞在期間によって値段を決定してください。)

セブ・マニラなど入国者が多い空港では、飛行機のフライト番号を伝えることで、SIMカード代が無料になることがあります。

自分のスマホを渡して設定をお願いする

OSの言語を英語にして、ケースから外したスマホを渡して、

「Will you set up?(設定をお願いします)」

と伝えるとあとはすべて設定してもらえます。

(このタイミングで、次に説明するプロモの入力もお願いすればやってもらえます。)

SIMカードのサイズはスマホの機種によって違いますが、対応するサイズのSIMを入れてくれるのでこの辺は気にしなくて大丈夫です。

日本から入れてきたSIMは、テープなどで台紙などに貼り付けて返してくれます。帰国までなくさないように気をつけてください。

プロモ(料金プラン)を適用する

ここまでの操作でネットワークは使用することができるようになっています。

しかし、このままだとあっという間にチャージ(ロード)した分が消費されてなくなってしまいます。

プロモ(いわゆる料金プラン)を適用することで、定額料金で一定の容量を使うことができます。

SIMの設定が終わったら、すぐにプロモを設定するか、お店の人に頼んで設定してもらってください!

ロードした分がどんどん消費されてしまうので。

あとでゆっくりやりたいという場合は、とりあえずキャリア通信をオフにしておいてください。

プロモの種類

プロモとは、Globeが提供しているお得なキャンペーンコードのようなものです。

時々変わるので、詳細は次のページを確認してください。
https://www.globe.com.ph/prepaid.html

Globeプロモコード

私は「GOSAKTO90」というプロモコードをよく使っています(今はなくなってしまったようです)。1ヶ月滞在する場合は、30日間有効の「GOSurf999」というプロモもあります。

たとえば「GOSAKTO90」ですと、 90ペソで7日間2GBまでの容量を利用でき、SMSが無料で使えます。上の説明に、

DATA:2GB

VALIDITY:7days

Text:UNILI to all networks

と書かれていますが、データ量は2GB、有効期限は7日間、テキスト送信はすべてのネットワークに対して無料という意味です。

「GOSAKTO90」を利用すると、ロードカードから90ペソ分が引かれてスマホにチャージされます。

プロモの種類については以下で詳しく紹介されていますので、滞在期間と利用目的によって最適なプロモを探してください。

フィリピン航空利用者向けトラベラーSIM

これ以外に、フィリピン航空利用者向けにトラベラーSIMという特別なプロモコードが利用できることがあります。こちらのチラシはフィリピン航空の機内で配られたものです。

これを持って空港のGlobeのカウンターに行くと、無料のSIMカードと無料のデータ容量などの「Mabuhay」という特典プロモを利用できます。

このプロモを使い切ってもSIMカードはそのまま利用できます。

フィリピン航空の国際線を利用する場合は、最初はこの特典を利用し、プロモを使い切ったら追加のロードカードを購入して別のプロモを適用するのがいいですね。

具体的なプロモの入力方法

モモシロ

ここではスマホのSMSでプロモを適用する方法を紹介していますが、今はアプリも使えるようです!「GlobeOne」というアプリを探してみてください!

プロモを入力するには、「8080」という番号にSMSでプロモを送る、これだけです。

このように、8080に適用したいプロモコード送ると上記のような返信が返ってきます。

これで完了です。

プロモが満了したら

適用したプロモの有効期間(1週間など)を過ぎたら、次のようなメッセージが届きます。

これで、プロモコードが切れたことがわかるので、新たにプロモを適用します。

モモシロ
残り容量の確認方法、ロード残高の確認方法、ロードした金額を使い切ってしまった場合に自分で新たにロードする方法については後ほど追記していきますね。

やっぱり面倒くさーいという人は、手っ取り早くレンタルWiFiルーターをお使いください


英語が苦手だから海外で不安という方へ。24時間専属の通訳になってくれるのがポケトーク(74言語以上に対応)

レンタルサービスもあります

フィリピンでネットにつなぐ方法まとめ

以上、フィリピンに旅行や留学など短期で行かれる方におすすめのネット接続方法5つを解説しました。

今までは現地SIMカードがダントツでおすすめでしたが、個人情報の登録でちょっと面倒になったこと、安く使うには設定が必要なこと、空港などでは料金が高くなってきたことからeSIMがまあまあ安くて手軽かなと思います。

モモシロ

空港のSIMカードブースで、支払った金額と実際にロードしてもらったデータが違っていたなどトラブルも聞くようになってきたのでしっかり確認してください。

おさらいですがそれぞれの比較は以下になります。

スクロールできます
メリットデメリットおすすめ度
現地SIMカード安い
現地の電話番号が持てる
容量追加できる
カードの抜き差しが必要
プロモを適用するなら設定が面倒
eSIM事前に日本で設定していける
物理的なカード不要
まあまあ安い
現地番号は使えないものが多い
ahamo/楽天モバイル日本のスマホをそのまま使える
日本の電話番号・SMSも使える(別料金)
日数・容量を超えると低速化
ルーターレンタル設定不要で着いたらすぐ使える高い
通信キャリアの海外サービス日本で申し込んでいける
日本の電話番号・SMSも使える(別料金)
高い
事前申し込みが必要

滞在期間やどれくらいデータを使うかなによって、最適なものを選んでください。

フィリピンの語学学校DETiのご紹介・留学サポートをしています。

ご質問やご相談はお問い合わせフォームまたはLINEからお願いします。
Youtubeでも情報発信中です。

すでにDETiに直接お問い合わせいただいている方は、DETiへの直接申込みのみとなりエージェントは利用できませんのでご了承ください。
エージェント経由での申し込みを検討されている場合は、まずは各エージェントにご相談ください。

フィリピン親子留学エージェントをしています

この記事を書いたモモシロは、現在フィリピン親子留学の留学エージェントとしても活動しています。自分たちが実際に留学して本当によかったところだけを紹介していますので、現在はネグロス島の体験重視ごがく学校DETi(日本人オーナー)のみのご紹介となっています。

ご興味お問い合わせフォームまたはLINEでからお気軽にご連絡ください。

子供向けオンライン英会話ブログを運営しています

DETiのオンライン英会話はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

2018年留学時の情報です。
Kredo Kidsは閉校しました。
現在はネグロス島の親子留学のみ紹介しています。
親子留学の情報を発信していますのでよろしければLINE登録お願いします。

フィリピン人の英語の先生ってどうなの?

目次