旅行編

出発の何時間前に行けばいいの?搭乗手続き・出国審査って?(親子留学出発当日)

出発当日 2019年8月
○出発4時間前 国際線ターミナル到着
○搭乗手続き(約5分):座席・チャイルドミール指定可
○出国審査(約10分)

・深夜便でよかった!
・つるとんたんは長蛇の列
・お土産は免税店で買える

今回搭乗したのは、羽田〜マニラのニノイ・アキノ空港(NAIA)までの直行便。

JALの特典航空券で搭乗したのですが、なかなかちょうど良い便がなく…深夜1時25分出発の便でした。

子連れで深夜便はちょっと…と思っていましたが、出発当日になっていろいろなハプニングがあったので、結局は深夜便でよかったかなと思います。

ということで、出発当日の様子をレポートします。

アクシデント1 長男、マイボーム腺炎症

前日おじいちゃんちにお泊りした長男。
お昼頃に帰ってくる予定でしたが、早めに帰ってきたのでどうしたのかと思いきや、瞼が腫れて目が充血している…

話を聞いてみると、朝起きてから目が痒くなり、かいてしまったとのこと。

普段なら少し様子見るところですが、夜にはフィリピンへ出発。ということで眼科に行くことにしましたが、ほとんどの眼科がお盆休み…( ゚Д゚)

近所の眼科はお休みでしたが、やっと開いている眼科を見つけ、一応電話をしてから出動!割とすぐに診てもらえました。

結果はマイボーム腺に炎症があるとこのこと。マイボーム腺なんて聞いたことがなかったので、「マイホームセンター??」とアホな返しをしてしまいました

先生に説明し、2週間分の目薬3種類(抗生物質入り&抗アレルギー)と目の洗浄液を処方していただきました。

幸いプールや海にも入れるとのこと。病院から帰る頃には腫れもだいぶよくなっていたので、そのまま出発しても大丈夫だったかもしれませんが、病院に行けて安心しました。 

アクシデント2 首がもげそう!

なぜこんな時に…というのがアクシデント。

これから大荷物&子どもたちを抱え、お父さんの分まで頑張らなければならないというときに、寝違えて首が回らない状態に…

何をするにも「いたたた…」と声が漏れてしまうほど。ギックリ腰でなくてよかったとは思いますが、それはそれはもうかなり痛くて…

普段なら数日我慢してやり過ごすのですが、今回はできるだけ早く治しておきたい。近所の整体や針を探しましたが、こちらもお盆休み…

長男の眼科に向かう途中にニトリを発見したので、飛行機用の首に巻く枕を購入。その後、眼科の近くで奇跡的に開いている整体を見つけて飛び込みました。

案の定「予約でいっぱいで…」とのことでしたが、機内でもないのに首に枕をつけている異常事態を察して、施術していただけることに!ありがたや…!

30分間だけでしたが、周りの筋肉をほぐし、血流をよくしてもらったことで一応は動ける状態に…よかった!! 

空港までの移動

国際線の場合、搭乗手続きは出発の2時間前まで、というのがセオリーです。

標準が2時間前なので、子連れの私たちは3時間前を目指すことにしました。

深夜1時25分出発の3時間前ということは22時30分。

国際線ターミナルには大好きなつるとんたん(うどん屋さん)があるので、21時頃には着いてつるとんたんにいきたい!

そこから逆算して、20時頃に出発の計画を立てました。

今回は旦那さんに車で送ってもらったのですが、渋滞もなく21時前には空港に着きました。

ただ、国際線ターミナルがわかりにくく、ターミナル周辺をぐるぐる彷徨うことになったので、早めに行くことをおすすめします。

ちなみに駐車場は3階がターミナル直結で便利です。 

搭乗手続き&待望のつるとんたん!?

まずは搭乗手続き

パスポートeチケットを手元に持って、各航空会社の列に並びます。今回私はJALだったのでJALカウンターへ。

だれも並んでおらず待ち時間0だったので5分ほどで搭乗手続きをして、スーツケースを預けました(タイミングによっては長蛇の列の場合もありますので、くれぐれも時間に余裕をもってくださいね)。

搭乗手続きを終えると航空券が発行されるので、パスポートに挟んですぐ出せる状態にしておいてくださいね。出国審査で使います。

私は事前に座席チャイルドミールを予約していましたが、事前に行なっていない場合には搭乗手続きの際に指定することができます。

スーツケースを預けて身軽になってから、いざ、つるとんたんへ!

と思ったら大行列ー!10組以上並んでいました…いつも混んでいるので予想はしていましたが、ここまでとは…

名前を書いて順番が近づいたら付近で待つ形式ならまだしも、ずっと並んでなければならない形式だったこともあり、泣く泣くあきらめました。

それならばと入ったレストラン 和カフェテリア Dining 24(24時間営業)には子ども心をくすぐるお子様ランチがー!

子どもたちが飛び立たんばかりに喜んでたので良しとしましょう。

学校へのお土産

事前に出身地である福岡銘菓・通りもん(現地で話題にできるので便利!)を用意していましたが、足りるか不安だったので、坂角総本舗の海老せんべいを買い足しました。

その後は、いよいよ出国審査です。

パスポートに航空券をはさみ、列に並びます。パスポート・航空券の確認金属探知機・手荷物検査だけですので15分くらいで終わります。

出発までにまだまだ2時間以上あったので免税店をぶらぶらしていると…あるではないか!先ほど買ったお菓子が!

それなら免税店で買えばよかった〜><
通りもんはありませんでしたが、結構いろいろなお菓子が免税店内にもあったので、地元のものやコレがいい!というものがなければ免税店で買うのも◎

普通のお土産コーナーにはなかったねんりん家のバームクーヘンなどもありましたよ。

免税店というとブランド品のイメージでしたが、コーヒーショップ、フローズンシェイク、本屋等さんなど時間つぶせるところが結構あって、子連れでもそんなに困りませんでした。

機内での様子は次の日記で!

Today’s Shop Pick Up

和カフェテリア Dining 24
羽田空港国際線ターミナル 4階/江戸小路
24時間営業
子ども席・お子様ランチあり

ABOUT ME
あおい
南国をこよなく愛する海育ち。 『好きなことを、のびのびと』という子育て方針だが、これからの時代好きなことを追求するためにも英語は必要! 『子どもに英語を楽しんでほしい!』という思いで留学にチャレンジ♪ そして私も目指せ!脱・英語PONKOTSU!!