旅行編

スタイリッシュな本屋さん・色違いレックーザ(親子留学9日目)

マニラ9日目 快晴→夜、大雨
○日本の米のバー・Ooma
○BENCH Cafe
○Fully Booked
○丸亀製麺

・色違いレックーザ Getだぜー!!

午前中はみっちりレッスン!ごほうびは・・・?

マニラでは祝日でしたが、スクールは通常レッスン日。週末に子どもたちもしっかりパワーチャージできたようで、しっかりレッスンに集中できていました。

しかし、終わった後…

次男(4)
次男(4)

ごほうびは?!(キラキラ)

そうかぁ…ごほうびかぁ…。「ちなみに、なにがほしいの?」と聞くと、先日おもちゃ屋さんで見たロボットとのこと。

本当はごほうびなんかなくても、「英語がたのしいから」とか「英語を話せるようになりたいから」という理由で積極的に学ぶのが理想。でも、今日よく頑張ったのはその通りだし、それについては私も褒めてあげたいし…と葛藤としつつ、「ん~ちょっと考える…」と保留。

私は小さい頃、ピアノの帰りに立ち寄る和菓子屋さんのみたらし団子や、プールの前のチーズケーキ&終わった後のアイスがとてもうれしくて、それを糧に習い事をがんばっていました。

だから、ちょっとした楽しみくらいならぜんぜんOKなのですが、おもちゃとなると、ねぇ??金額も高いし、”モノ”で釣ってる感が、ねぇ?

こういうのはきっと最初が肝心だから、お父さんと話し合って我が家の方針を決めたいところだけど、さてどうしたものか、と思いつつ、とりあえずランチへ。

日本の米のバー・Ooma

High Street にある日本の米のバー Oomaというところに入ってみました。

長男が表の看板を見て「抹茶シェイクが飲みたい!」と言うので入ってみたのですが、いろいろツッコミどころが…抹茶シェイクと並ぶ手前のシェイク、なんだと思います?ミルクセーキかなと思いきや…ライチ&ヤクルト?!( ゚Д゚)えぇ?!日本でそんなの見たことないよ?!しかも、絶対日本人ならつけないネーミング

こちらはごはん。ステーキとチャーハンなのですが、ステーキの周り、大量のマスタードかと思って、あちゃー子ども向けじゃなかったかー!と思って一口食べてみると…甘っ!!なんとさつまいもでした。

スイートポテトをクリームにしたような濃厚な甘みで、子どもたちも喜んで食べてくれました。

そして、チャーハン。米BARなのに白米で勝負しないのね…とちょっと笑ってしまいましたが、中華屋さんのチャーハンのような味で、結構おいしかったです。


引用:公式HP

白米だとカリフォルニアロールのような創作SUSHI系は種類がたくさんあり、一皿6巻で400phpくらいだったように思います。もし子どもたちが好きじゃなかったら一人で6巻はきついので断念しましたが、Oomaの看板料理の一つのようでした。

写真は公式HPより引用したものです。盛り合わせですかね?メニューにはなかったような気もしますが、イメージ的にはこんな感じです。

和食かと言われるかと決してそうではありませんが、和モダンと言えなくもないような感じで、おもしろいメニューが多かったです^^

若者に人気のBENCH Cafeでハロハロ~

濃厚なさつまいもクリームをいただいたら、なんだかスイーツスイッチON。そういえば、先生が「BENCH Cafeのハロハロがおすすめ」と言ってたのを思い出し、行ってみることに。

BENCHというのはフィリピンの若者に人気のアパレルブランドで、日本の若い子たちもきっと好きそうだな~という感じ。洋服の他に靴や下着、香水まであって、イメージ的にはForever21。

そこがやっているCafeだけあって、店内もおしゃれ♪

 

1枚目がハロハロ、2枚目がOTAPセサミシェイク。

この紫!ハロウィン仕様というわけではなく、UBE(ウベ)という紫色の芋の色だそうです。沖縄にあるタロイモの仲間かなと思っていたら、ウベは山芋科、タロイモは里芋科だそうです。へぇ~

毎年夏になるとミニストップでハロハロという、かき氷の上にソフトクリームがのったデザートが発売されるのでそのイメージでしたが、本場ハロハロはウベアイスがどーんとあって、その下にシリアルと寒天がちょこっと入っていました。

お次はOTAPセサミシェイク。OTAPって何ぞや?と聞いてみると、上にトッピングされているパイのことらしい。後日調べたところ、セブ発祥のお菓子で、フィリピンの国民的お菓子の一つのようです。たしかに源氏パイのような感じでサクサクとおいしかったです^^

こちらは長男セレクトのUBEケーキ。メニューに写真もあったのですが、いやぁ~よくいったね~!長男は料理では結構冒険するタイプ(笑)

味は見た目ほどパンチがあるわけではありませんが、甘い…甘すぎる…長男も半分でギブアップでした。甘党の方はぜひ。

その名の通り!Fully Booked

おなかもいっぱいになったところで見つけたのが Fully Booked

入口からおしゃれなこの内装。入るだけでワクワクしてしまいます♪

ちなみにここは路面店ですが、ショッピングセンターなどと同じく、警備員さんが立って持ち物チェックしていました。

そしてこれ!壁一面の、まさに ”Fully Booked”!

本物の本を積み上げて作られています。Artですよね!美しい!

建物全体が本屋さんになっていて、地下には文房具屋さんもあります。楽しすぎて、一日中だっていられます。

フィリピンでは立ち読みに厳しくないのか、子供向けのコーナーでは大人が床に座って子どもに絵本を読んであげていました。

お土産用にいくつか絵本を選んでいると、次男も欲しいというので、「さっき言っていたごほうび、ロボットじゃなくて本にするのはどう?」と提案してみたところ、交渉成立♪迷いに迷って、長男は『ウォーリーをさがせ』、次男はスパイダーマンの絵本を選んでいました^^

かれこれ2時間近くのんびりできて、親子ともにとても満足なひとときでした♪

どこに行っても丸亀スタイル・丸亀製麺

Fully Bookedを出るともう夕方。まだおなか空いていませんでしたが、軽く食べて帰ろうということで丸亀製麺へ。なんとフィリピン1号店らしいです。

丸亀製麺はやはりどこにいっても日本と同じ丸亀スタイルで、トレーをもって基本のうどんを注文し、カニさん歩きでトッピングを取っていきます。

味も日本と変わらない味で、なんだかほっと一息^^夜ご飯には少し早い時間でしたが、結構混んでいました。

日本と同じく、キッズチェア・子ども用のとり皿・フォーク・スプーンが揃っているので、小さなお子さん連れでも安心して入れます。

そして、ここでもやはりJ-POP。なぜか花*花の『さよなら 大好きな人』が3回くらい続けて流れてました。店長さん失恋でもしたのかな

あとは『さくら〜あなたに出会えてよかった〜』の♪さくらさくら会いたいよ〜♪のフレーズはマニラでも何回も聞きました。それだけ日本人が多く、日本のものも浸透しているということですかね~

色違いレックーザ Getだぜ〜!!

帰り道、姉から家族のグループラインに「色違いポケモンgetだぜ」との一報。

ここしばらくまったくやっていませんでしたが、フィリピン限定のポケモンとかいるのかな?とかなり久々に立ち上げてみました。

すると、子どもたちはすぐさま食いつき「近くのジム行こう!」と大張り切り。それまで「つかれた~おんぶ~」と言っていた次男まで走り出しました(笑)

そしてそうこうしているうちに、近くにレックーザがいることが判明!

行ってみると、11人くらいがバトルに参加していて、もちろん我々も参戦しました(といっても実際にやるのは子どもたちですが…)じいじやばあばのポケgoで慣れているので、私よりもはるかによく知っていて、無事に勝利!

そして見事レックーザを捕まえてくれました!しかも色違い!!

子どもたちも大興奮で「よっしゃぁぁぁ!」と大興奮でした。

すぐにグループラインで報告すると、かなりやりこんでいる姉や姉の旦那さんでさえ、色違いレックーザは持っていないとのこと。これぞまさにビギナーズラックですね。うっしっし( ´艸`)

それにしても、レックーザとはいえ、フィリピンの地で11人も参加しているというのはすごい…ポケモンの威力を垣間見た瞬間でした。

Today’s Pick Up

日本の米のバー Ooma
L1, C3 Bonifacio High Street Central, BGC, Taguig City
+632-8621-4052
月~土:11時~23時
日  :10時~22時
https://momentgroup.ph/brands/show/ooma

BENCH Cafe
2F Bench Boutique BGC Flagship Store, Bonifacio High Street, BGC, Taguig
+63 917 702 1133
月~金:11時~22時
土・日:11時~23時
https://www.facebook.com/BenchCafePH

Fully Booked
Ground Floor, B6, Bonifacio High Street, BGC, Taguig, 
+63 2 8858 7052
月~木:11時~23時
金  :11時~24時
土  :10時~24時
日  :10時~23時
https://www.fullybookedonline.com/

丸亀製麺(MARUGAME UDON) BHS店
B7, Unit 982, Bonifacio High Street, Bonifacio Global City
+63 916 627 0275
11時~22時
https://www.marugame-seimen.com/foreign_shop/

ABOUT ME
あおい
南国をこよなく愛する海育ち。 『好きなことを、のびのびと』という子育て方針だが、これからの時代好きなことを追求するためにも英語は必要! 『子どもに英語を楽しんでほしい!』という思いで留学にチャレンジ♪ そして私も目指せ!脱・英語PONKOTSU!!